放棄田んぼの草を燃やした

 午前中は病院に行ったので、15時頃から、長男が草刈りした放棄田んぼ(1反)の草を燃やした。
まずはチョッとだけ燃やす‥‥ と、北西の住宅の無い方向(田布施川の方向)に煙が流れたので、「絶好の野焼き日和」と判断、まず一辺約 60mに点火した。
 すごい煙の量が納まった頃、近所の人が出て来られた。
家の方向には煙は流れていない‥‥ はずだが「苦情かな」と頭を下げて近づく‥‥

  • 田んぼするのですか?
    • 長男がすると言うので‥‥
  • 80歳になり田んぼは止めました。向こうが私の田です‥‥ (と言われて田布施川の方向を指差す)
  • 3年振りですかね、一面田んぼになるのは‥‥
  • しかし、ここで秋から太陽光発電をすると聞いているのですが、稲刈りが終わってから工事に入るのかな?
    • 事情はわかりませんので、長男に聞いてみます。
  • 私も聞いてみましょう。

で、分かれた。


 「苦情」でなくて一安心。むしろその逆かも...
何と、水路上に置いてあった石を持って帰らたぁ〜(シエシエ !!!