もみ殻くん炭化のプロの現場を見に行った

 今日の MiPSの休憩時間に、「もみ殻くん炭」を交流館に出している人(=プロ)の現場を、 googleマップでOKさんに教えてもらった。

  • 右図は、その時見た撮影日 2月2014年ストリートビュー
  • くん炭にする場所が「土俵」のようにしっかり作ってある。
  • 「きれいな職場からは良い製品が出来る」と、現役の頃、言われたことを思い出した。

 MiPS終了後、上記現場に行くと、OKさんが居たッ! ストリートビューどおりであった。

  • 現場を見ると、着火して 30分程度の状態で、もみ殻の一部が焦げていた。

OKさんプロと連絡をとって

  • あと、数時間したら、残りのもみ殻を被せに来るらしい。
  • 明日朝には完成しているので、状況を見ることができる。

と、教えてくれた。


≪思ったこと≫
  • そうかぁ〜 着火が確認できたら、数時間は放置できるのを上手く利用している‥‥ と。
  • 逆転の発想だぁ‥‥
     もう一度、くん炭器を使わない方法でのタイムスケジュールを調べることにしよう...