年賀状の一次整理を終え、Excel住所録の改善点が見えた

 昨日配達された年賀状を1枚1枚見ながら ScanSnap で表裏スキャン,その画像を「マクロ年画状.xlsm」で Excel 住所録にリンクを張った。


 このマクロは昨年完成させたので、問題なく動いてホッとしたところ。
ただ、住所録の改善点として

  • 項目数が 24項目と多いので、カード形式で見たいが、
  • クイックアクセスツールバーに[フォーム]ボタンを追加し使ってみたが、使い勝手は今一。

で、今年の課題が出来た感じ。



 Microsoftのアプリにも問題(苦言)がある。

  1. フォト・アプリ、あの黒い背景色はいただけないので、当初から使っていない。
  2. Windows10 にフォトビューアーをセットアップした。
  3. 拡張子 jpgの既定のアプリは、Windowsフォトビューアーに変更してある。(関連付け)
  4. Excel で jpgにリンクを張り(上図)、これを開くとフォト・アプリで起動する。何故なの?
  5. 拡張子 jpgの既定のアプリをフォト・アプリに変えて、[次へ]が使えるか試した‥‥ ら、案の定、使えなかった。
     フォト・アプリは、イエローカード2枚です...
  6. 拡張子 jpgの既定のアプリを Windowsフォトビューアーに戻そう‥‥ とするも、アプリの候補に Windowsフォトビューアーが無い!
     試行錯誤した結果、コントロールパネル ⇒ 既定のアプリ で戻せた。


 Microsoft社は自社のアプリを使わせるために、自身が敷いた「関連付け」ルールの無視に掛かっている‥‥ のだろうか。既定のユーザーを切り捨てる積りだろう。