BunBackup/Thunderbirdのバックアップの復元に成功した

 Thunderbirdのバックアップの復元,1年前に Buffalo Backup Utility で行っているが、これを初心者にやれッ! と言うのは失礼ながら無理かも...
 今回は「バックアップ研究会」で取った BunBackup のバックアップで行ってみた。

§1.バックアップ データの作り方


  1. バックアップの設定:[編集]メニュー ⇒[アプリケーションから追加]で、☑Thunderbird を選択して作成。

  2. ミラーリング実施後の k:\BBData\Thunderbird のプロパティ
    • サイズ: 1,492,594,103 バイト
    • ファイル数: 1,190
    • フォルダー数: 110
  3. 上記は、C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\****.default のプロパティと同じであった。
§2.復元方法1 ‥‥ 手動で
  • 復元先:Windows7/Thunderbird 45.2.0(インストール済.処理後、45.3.0に上げた)


  1. Thunderbird起動。
  2. 既存のアカウントおよびすべてのメールを削除。
  3. Thunderbirdを閉じる。

  4. C:\Users\‥‥\Profiles\****.default 下の全ファイルを削除し、
  5. §1.で作成したバックアップを LAN でつなぎ、コピーした。

  6. Thunderbirdを起動したら、「アドオンの一っがこのバージョンでは使いない」旨のメッセージが出たが、無視して進める...
  7. メイン画面になり、突然、メールが入ってきた。(エッ!? という感じ)
  8. その後、テスト送受信を行うと「パスワードの入力を求められた」が、成功した。
§3.復元方法2 ‥‥ BunBackupで
  • 復元先:Windows7/Thunderbird 45.3.0
    1. §2.のThunderbirdをアンインストール
    2. C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming に「Thunderbird」フォルダーが残っていたので、フォルダーごと削除
    3. 再起動
    4. 新たにThunderbirdをインストール(45.3.0)
    5. アカウントもメッセージも何も無いことを確認して閉じる。
    6. C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming に「Thunderbird」フォルダーが、その下に「profiles.ini」があることを確認した。‥‥ このファイルが出来ていないと、恐らくエラーになるはずと思ったから...



  1. BunBackup起動
  2. [新規作成]
  3. [編集]メニュー ⇒[アプリケーションから追加]で、☑Thunderbird を選択して作成。
  4. とりあえず設定を保存する。

  5. バックアップ元と先を入れ替える。
    【バックアップ設定】ダイアログボックスで
    1. タイトルの「バックアップ元フォルダ」を右クリックし、
    2. [バックアップ元とバックアップ先を入れ替える]をクリックし、[OK]。
    3. バックアップ元とバックアップ先が入れ替わって表示される。

  6. バックアッププレビュー後、[バックアップ]した。
  7. BunBackupを閉じる。(設定ファイルは保存しなかった)

  8. Thunderbird起動。
  9. [新着メッセージをすべて受信]‥‥ パスワードの入力(アカウントは11登録してある)を求められたが、無事終了した。

今日の結論

  1. BunBackupでThunderbirdのバックアップを[アプリケーションから追加]から取ると、[バックアップ元とバックアップ先を入れ替える]方法(§3.復元方法2 の方法)で復元すると、簡単に復元できる。
  2. 但し、最初の送受信でパスワードの入力を求められる。

 以下の点については、テストしていないので不明。

  1. C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming に「Thunderbird」フォルダーが無い状態でも復元できるか...
  2. Thunderbird」フォルダー下に「古いデータ」(例えば前の持ち主のデータ)が残っていた場合、削除しなくても問題ないか...