MyJVNバージョンチェッカの起動方法を変更します

いきさつ

 MAPSでは「MyJVNバージョンチェッカ」でインストールされているアプリが最新バージョンであるかチェックしていましたが、

  1. MyJVN トップページに以下の情報が‥‥
    ■重要なお知らせ
     以下の2つの現象を確認しています。
    • 2016/04/20にリリースされたJRE(8u91以降)を利用している場合に、MyJVNバージョンチェッカ(JRE版)起動後のバージョンチェックに時間がかかり、動作が止まったように見える
       ⇒ 問題が解消されるまで、「MyJVNバージョンチェッカ for .NET」をご利用ください。
    • JRE(7u65以降および8u11以降)を使用している、かつWindowsのアカウント名が全角文字の場合に、MyJVNバージョンチェッカ(JRE版)起動時にエラーが発生する
       ⇒ 問題が解消されるJREがリリースされるまで、「MyJVNバージョンチェッカ for .NET」をご利用ください。

  2. Web担当者の必携ソフト「MyJVNバージョンチェッカ」に「for .NET」登場(Web担当者Forum)
     なぜ既存の「MyJVNバージョンチェッカ」があるのに、わざわざ「for .NET」を紹介するのでしょうか。
    どういうことかというと、以前の「MyJVNバージョンチェッカ」は、Javaで動作していました。つまり、利用するにはパソコンにJavaランタイムをインストールする必要があったんですね。
    でも、このJavaランタイムというのが、けっこうなセキュリティリスクなんですよ。しばしば致命的なセキュリティ上の問題が発見されるので、ぶっちゃけ、必要ないならパソコンにインストールするべきではないもの。