田んぼに入れる竹炭、体重で粉砕する場所を作って作業を進め 50kgを確保した

 以前、90cmの竹を 1/4 に切って(22.5cmということ)、立てて焼いた竹炭がある。
長いので、上部と下部では精錬の違いがあるため、そのままコンテナに入れて放置していた。
 一方、田んぼに入れる竹炭は 3cm以下を目標に作っている。
そこで、放置してある長い竹炭を活用するため粉砕しよう‥‥ と思ったが、さて、どうやって粉砕するかだ...
 以前、竹チップの燻炭を作るために使った 30cmのコンクリートブロックがある。この上にエキスパンドメタルを置き、体重をかければ‥‥ と、

  • 池岡工業に行って(斉藤商事にはよう行かんので...)、エキスパンドメタルの端材を仕入れた。(500円)
  • インターネットで木製のサンダルを購入
    • 下駄だと、足袋を履かなくてはいけないので...

  1. エキスパンドメタルの上に竹炭を置き、サンダルで踏みつける。
  2. 一度、十能で回収し、目の細かい籠で篩う。
  3. 次にナフコでもらった、カゴトレー でそっと篩う。
    • 穴の大きさが2cmのものをナフコの屋外置き場で見つけ、「売ってください」とレジに持っていったら「どうぞ、持って行ってください」と...
  4. 残った竹炭に、再度、体重をかけ、2.〜4. を繰り返す。
  5. しぶとく残った竹炭はハンマーで...


 今日は暖かく作業がはかどった。
1週間ばかり作業を続け、目標としていた 50kg を確保できたぁ〜