笹を3年間掛けて枯殺できるか...

 意図するところがあって、午前中、大波野の竹林化中の山に入った。

  • 細目の淡竹(真竹でもよかったが)を数本切り出し、
  • 枝を処置。
  1. 倒れている竹,数本を処分。

帰宅した。

 淡竹は次回の竹炭作りで、上げ底に使う予定。非常識な行動かも知れないので、まだ非公開...


 午後からは草刈り機の8枚刃を研ぐ予定であったが、チップソーが付いていたので、そのまま石ノ口の笹を切り倒しにいった。
ここの笹、3年間切り続けたら枯殺出来るのではないか‥‥ と期待している。

放置竹林の整備と拡大・侵入防止対策について

 静岡県富士竹類植物園によると、7月下旬から8月上旬に地上部の竹を全て伐採することで、地下茎の伸長を防ぎ、効果的に竹を枯殺できると紹介されています。
この方法では、7月から8月に皆伐を行い、その後9、10月頃、そして翌年の7月を目安に竹を切り、またタケノコについては出なくなるまで切り取ることで、効果的、効率的に竹を枯殺できるとされています ‥‥ 引用:
 笹と竹では、事情が違うかなぁ〜