Buffalo Backup Utility/Windows7で採ったバックアップをWindows8.1で復元‥‥出来るようだ

 OSリカバリ後、バックアップユーティリティでバックアップしたデータを復元する方法 には、

「バックアップユーティリティの復元ツールを以下のいずれかの手順で起動します」
とある。しかし、

  • リカバリー後だから、バックアップユーティリティも何も無いはず。なのに、どうやって起動するの?
  • バックアップユーティリティをネットからインストールしたとする。でも「初回のバックアップ」が始まってしまうじゃん!!!

 この難問・奇問を解決すため、Windows7(デスクトップ)で採ったバックアップの HDD を、Windows8.1(ノートパソコン)につなぎ、「復元できるか‥‥」 挑戦した。


  1. Windows8.1起動。
  2. Buffalo HDD を USB接続 → F: が出来た。
  3. F:\BUData\JMK5-C06A2303_00000003 を開いたら
     「このフォルダにアクセスする許可がありません。」
    と怒られたので[キャンセル]した。
  4. Buffalo ダウンロードサービス に接続し、
  5. Backup Utility Ver.1.17 をインストール。
  6. 再起動
  7. Backup Utility バックアップ設定 1/7 の画面になったが、タスクトレイを見たら[Backup Utility Task Tool]があったので、
    1. [アイコンと通知を表示]に変更し、
    2. [キャンセル]した。
  8. バージョンを確認したら、
     Backup Utility TaskTray Tool Version 1.11.50
    と表示された。
  9. 引き続き[復元ツールの起動]をクリック
     「バックアップデータが見つかりませんでした。」
    が出たので、[管理ツール]をクリック。
  10. 「Backup4JMK5」を選択し、[保護解除]をクリックする。
  11. 【バックアップデータの保護解除】が始まり‥‥
  12. かなり時間を要した後、元の画面に戻ったので[閉じる]。
  13. 再度、「Backup4JMK5」を選択し、[決定]。
  14. 【Backup Utility 復元ツール】画面になった。
    • が、これまでとはイメージ的にことなった画面であった。
    • フォルダーを開いて行き、家計簿77を開いたら、正常に(たぶん)表示された。
    • 以上のことから、復元は可能と判断した。



 元々のPCでも使えるか試した。

  1. 上記に引き続き、Windows8.1 より Buffalo HDD を切り離す。
  2. Windows7 に Buffalo HDD を接続。
  3. K:\BUData\JMK5-C06A2303_00000003 を開いたら
     「このフォルダにアクセスする許可がありません。」
    と怒られたので[キャンセル]した。
  4. 結果とし、上記と同じことを行い、ぶち長時間(3時間?)を要した後、使えるようになった。

編集後記

  1. Windows7で採ったバックアップを Windows8.1 で復元出来そうだと解ったのは収穫だった。(方法が解った)
  2. しかし、元に戻す(Windows7で使えるようにする)のに 3時間以上 要したと思う。
  3. 個人的には Buffalo Backup Utility は使う予定はないのに、何でこんな面倒なテストをするのか‥‥
    これで「面倒だからイヤ」と言う方がおられたら、これ以上 付き合うのは止めることにしよう...