「ロウソクまつり」の準備でハゼ工房に行ったら軽トラがはぶてた

朝から 8月3日のハゼの実ローソクまつりの準備。

  1. 火文字の設計図(Word)を完成させる。
  2. 絵文字の設計図(Word)を完成させる。
    • ローソク数 260個
    • キャップ 赤:70ヶ、青:61ヶ
  3. キャップに色を塗るため、ホームセンターでスプレー缶を購入
  4. キャップを赤色 80ヶ塗布。
  5. 午後より赤色キャップをコンテナーに入れ、青色 73ヶ 塗布。
  6. 15時過ぎ、キャップを入れる容器をハゼ工房に取りに行く。

ここまでは順調だった。
しかし、容器を軽トラに載せ、「帰ろう」とエンジン‥‥ が掛からない。セルが回らないのだ。
困ったなぁ〜 携帯電話は持っていないし...
合同斎場まで歩いて、電話を借りよう と歩き出したら、話し声が聞こえた。

話し声が聞こえた家に入り、事情を説明して電話を借りる。確か、「御用は110番」だったはず...


一時的な原因はバッテリー。「上がっていた」という。
今日の用事がまだ終わっていないので、応急処置として別のバッテリーに載せ替え、ファンベルトを調整したとのこと。
当該バッテリーは充電しているので、結果が判るのは月曜日になる。


元気を取り戻した軽トラ、その後、草刈りをして 18時半頃、自宅に戻った。

  • オルタネーターが原因だったら、何時「コテッ!」といくかわからない不安がある。
  • 軽トラがはまった副作用‥‥ かも、知れない。