Windows7のバックアップを復元したファイルをDVDに落とそうとして解ったこと

  • 個人が趣味で使っているパソコンを、毎日バックアップしている人‥‥ は、いないだろう...
  • 何日かぶりにファイルを開いた‥‥ ら、ファイルが壊れていたぁ〜 (ファイルは開ける前提。誤修正や、うっかり上書きも含む)
  • 直近のバックアップを戻したら、やはり壊れていた‥‥ と云うこともあり得る。
  • 当然のことながら、該当ファイルのみを戻せるのが前提...

Windows7のバックアップから「特定のファイルのみ復元する」ことは可能であるが、そのファイルを事前に開いて見ることはできない(たぶん)。それならば、事前に全てを復元して、それを例えば DVDに落としておいた方が使い勝手がよいが、復元できないファイルが発生する。(メール等のデータ)
そうは言ってもドキュメントやピクチャーのファイルであれば復元できるので、(1)復元できるファイルのみ復元し、(2)DVDに落とすことにした。

  1. 復元元のファイル容量: 2.58GB
  2. 復元後のファイル容量: 2.78GB
1.復元後のトップフォルダを[送る]⇒ DVDドライブ ‥‥ 失敗

トラブルが発生した。

  • 対象のパスが長すぎます
    • 初めて見るエラー。「ja-jp」が何様かは解らないが、対象が 7個もあるのは問題なので、[キャンセル]した。
2.トップフォルダの3っ下の 3フォルダを[送る]⇒ DVDドライブ


復元したフォルダの階層構造を見たら、右図の状態だったので、「Guest」「Owner」「Public」フォルダを DVDに送った。

  • プロパティの損失
    • お気に入りのファイルか?
      お気に入りに「コピーできないプロパティ」とは、何だろう?

    • メールデータだから仕方ない?

対象ファイルが多過ぎるので、[キャンセル]!

3.トップフォルダの3っ下の 3フォルダを DVDドライブにコピー(ドラッグ)

一度、エラーが出ている所為か否かは不明であるが、すんなり終わった。(たぶん)



 今日の結論

  1. Windows7のバックアップファイルを DVDに出力するため、右クリック⇒[送る]とすると、「復元」する機能があるのではないか‥‥ と、感じた。
    • メールやお気に入りは、違うパソコンでも「同じフォルダ」があるから?
    • 確実を期す? のであれば、[送る]を使わず、DVDドライブにコピーした方がいい?
  2. Windows7のバックアップファイルは「全地球人に通用する」ものでなくてはならない‥‥ という観点から作られている‥‥ はず。とすれば、ある程度、使い勝手が悪いのは理解できる。が、チョッと悪すぎるのでは?
  3. 咄嗟のバックアップであれば、後のことを考えれば手動の方がよい‥‥ だろう。そのためには、日頃から訓練しておく必要があろう‥‥ と、感じた。
     特に下記は...
    • メールデータのバックアップ
    • IEのお気に入り、RSS
    • ユーザー登録辞書
    • その外には...