まりふのひと

(施設予約|品目別分類表)
(このヘッダーの原紙は 3月31日の記事

ESET Smart Security と Windows Defender の共存は不要...

今日のパソコン同好会で「アクション センター」を開いた時、「Windows Defender によるセキュリティ チェックを行いなさい」という主旨のイエローカードが出たパソコンがあった。

  • 他人のパソコンで「口頭」による質問なので、正確なメッセージではない。
     ‥‥ これが、この記事が役に立つか否かの境目になる可能性がある。
  • 当該パソコンのセキュリティソフトは ESET Smart Security だった。(たぶん)
     軽いので、メモリーが 250MB しかない WindowsXP ノートパソコンで使っていた実績がある。


共存させる必要があるのか ‥‥ 疑問もあったので、ググった。

  1. Windows Defender のエラー (Windows Defenderのエラー - Windows 7 - 教えて!goo
     個人的には ESET Smart Security 使用していた時も Windows Defender は停止させてました。
    実際使用してみるかどうかは個人の判断で決める事になります。

  2. VISTAのセキュリティーについて (VISTAのセキュリティーについて | Windows VistaのQ&A【OKWave】)
     サードパーティ製のものでも、信用のおけるメーカが出しているセキュリティ対策ソフトがインストールされているのであれば、あえて2重にしなくても大丈夫だと思います。ただ、1種類の対策ソフトだけでは網羅しきれない場合もありますので、それが心配な場合は、複数のソフトを組み合わせて使うのも有効です。

     ESETスマートセキュリティーが入っているのならWindowsファイアーウォールは切るべきです。
    ファイアーウォールは基本的に2つ以上入れない方が良いので。

今日の結論

  • 基本的には「不要」であろう。
     「ダブルチェック」という考えもあるが、同じ性能のものを何かもチェックしても「パソコンが重くなるだけ」で、投資効果がないどころかマイナスになる。
  • 通常であれば、市販(サードパーティ)のソフトをインストールする時点で、Windows Defender を無効にするはず。(たぶん)
     「無効にしなかった」のであれば、そのようなソフトを「インストールする価値が無い‥‥」と考えるべき。
  • Windows Defender を無効にするには、例えば「Windows Vista/7でWindows Defenderを無効化する」がある。
     Windows Defenderを無効化するには、まず[ツール]メニューをクリックして設定画面に移り、[オプション]をクリックする。これで無効化を含む各種オプションの設定画面が現れる。ここから各種設定の変更や検疫状況の確認などが行える。
    (1)これをクリックすると、この設定画面が表示される。
    (2)これをクリックするとオプション設定の画面に移る。

     次にオプション設定画面の左側メニューから[管理者]を選択したら、右側に表示された[このプログラムを使用する]チェックボックスをオフにする。Windows Vistaでは、画面をスクロールして[管理者オプション]枠を見つけ、[Windows Defender を使用する]チェックボックスをオフにする。ユーザー・アカウント制御(UAC)のダイアログが表示されたら[はい]/[続行]ボタンをクリックして進めること。
    ここでは無効化を含む各種設定が可能だ。
      (1)これを選択する。
      (2)ここのチェックを外してオフにする。
      (3)これをクリックすると実際にWindows Defenderが無効化される。

     するとWindows Defenderが無効化されたことを表すメッセージ・ボックスが表示されるので、[閉じる]ボタンをクリックするとWindows Defenderアプレットも閉じる。これで作業は完了だ。
  • 私のPCのコントロールパネルから Windows Defender を開いたら、
    このプログラムは無効になっています
    と言われた...