筆ぐるめ/一覧表の列幅を狭くするには

Windows7の筆ぐるめver.17で試した。

  1. メインツールバーの[印刷・メール]をクリックし、
  2. 左側の[一覧表]タブを選択する。
  3. [印刷]タブの[項目幅設定]ボタンをクリックする。
  4. 【項目幅設定】ダイアログボックスの、

    「項目幅補正値」を
    • マイナス値にすると、項目幅が狭くなる。
    • プラス値にすると、項目幅が広くなる。
  5. [OK]ボタンでダイアログボックスを閉じる。



 【項目幅設定】ダイアログボックスの補足

  • 項目名の前のR
    • チェックは外さない方がよい。
       チェックを外すと、データの幅が項目幅より長いと、[プレビュー]時、エラーになる。
  • 標準の項目幅サイズ
    • 用紙の向きを変更する(例えば、縦→横)と、この値も変わり、固定ではない。
  • 項目幅補正値
    • 項目幅は、マイナス値にすると狭くなり、プラス値にすると拡がる。
    • 変更可能か否かは、[プレビュー]時に行われる。
    • [設定を標準に戻す]ボタンをクリックすると、項目幅補正値が全て 0 になる。
  • 補正後の横幅
    • 一覧表の横幅最大値を超えていると、[OK]ボタンをクリックした時、エラーになる。


 試行結果 (参考)
  補正後項目幅=標準の項目幅サイズ−項目幅補正値

  1. 自宅郵便番号
    • 補正後項目幅 19mmで XXX-XXXX が表示できた。
    • 18mm以下にすると、エラーにはならないが、プレビューでは右が切れて見える。
    • 項目名は、2行表示になる。
  2. 項目名が2行表示になると‥‥ (共通)
    • <送受信履歴・ひとこと>の左側にあると、
      項目名の高さが高くなる。
    • <送受信履歴・ひとこと>の右側にあると、
      落ち着く。
  3. 「欠礼」「喪中」
    • 補正後項目幅 6mmで表示可能であった。
  4. 氏名読み
    • 1文字しか入力しないのであれば、補正後項目幅は 6mmで表示可能。(印刷して確認した)
      但し、2文字以上入力すると行が増えてしまう。(縦に表示される)
    • 4文字表示であれば、補正後項目幅は 18mmであった。
  5. 連名1
    • 空白を含め 3文字以下であれば、補正後項目幅 14mmで表示可能。


 いきさつ
麻里府パソコン同好会時、「列幅を狭くすることはできなかった」と言ったが、色々試してみたら、

  • 条件付きながらできる。
    • 「条件」とは何か‥‥ これが一言で言えないので、困っている。
  • キー項目は<送受信履歴・ひとこと>
    • この項目は、項目名が 3段ある。これがポイント。

結論としては、出力項目が固まっているのであればよいが、試行錯誤中はあまりお勧めではない。