竹チップの炭化を依頼されたが...

今シーズン最初の炭焼きに備え、竹を8本ほど切り倒し、1.2mに切って畑(閑行農園)まで運んだ。そして、更に半分の半分の30cmに切り今日の予定分を割り終えたところにH山さんが来た。エッ? 何で? イノシシはSさんのはずだが‥‥
何でも「圃場を整理するので、大量の炭が要る」「今から窯を作るので、どういう構造にしたらいいか‥‥」というもの。
そんなノウハウは持っていない。とりあえず、土嚢8袋分の竹チップをもらい、兎に角、焼いてみることにした。
「失敗しても材料はなんぼでもある」と言うが...