Windows7のエクスプローラ−画面構成

マイドキュメントを開いた例(下図)で、エクスプローラの使い方(の一部)を紹介します。

1.タイトル バー
  • Windows7からタイトルが表示されなくなりましたが、タイトル バーです。
  • 右端には、[最小化]ボタン、[最大化/元に戻す]ボタン、[閉じる]ボタンがあります。
2.戻る/進む ボタン
  • 1っ前に表示していたフォルダーの表示に戻ったり、進めたりできます。
3.アドレス バー
  • 現在表示しているフォルダーの場所が表示されます。
  • 空白部をクリックすると、パス(パソコン内での住所)が表示されます。
4.検索ボックス
  • 単語や語句を入力すると検索が始まります。
  • 入力した文字を含むフォルダーやファイルを検索します。
5.ツール バー
  • ファイル一覧(後述)の表示形式を変更したり、フォルダーやファイルに関する操作を行う時に使います。
  • 表示しているフォルダーにより、ボタンの種類が変わります。
6.ナビゲーション ウィンドウ
  • コンピューターに接続されたドライブや外部記憶メディア、ライブラリやフォルダーが階層表示されます。
  • ここで指定した項目(フォルダー等)の内容がファイル一覧に表示されます。
  • 次のファイル一覧との境界で、マウスポインタ になる位置で左右にドラッグすると、ウィンドウの幅を変えられます。
7.ファイル一覧
  • ナビゲーション ウィンドウで指定した項目(フォルダー等)のサブフォルダーやファイルが表示されます。
  • 表示形式は、ツールバーのボタンで変更できます。
8.プレビュー ウィンドウ
  • ファイル一覧で選択したファイルのプレビューを表示します。
  • ツールバーのボタンで 表示/非表示 を切り替えます。
  • ファイル一覧との境界で、マウスポインタ になる位置で左右にドラッグすると、ウィンドウの幅を変えられます。
  • 使わない時は非表示にしておく。さもないと、ファイル一覧の内容が隠れます。
    (表示し放しの人が多いので、教えるのに躊躇しています)
9.詳細ウィンドウ

ファイル一覧の選択したフォルダーやファイルの情報が表示されます。

10.ウィンドウ幅の変更

ナビゲーション ウィンドウおよびプレビュー ウィンドウの大きさは変更できます。

  1. ウィンドウの境界をポイントすると、マウスポインタが右図のようになる位置で、
  2. 右または左にドラッグする。