2004年製のプリンター、「アフターサービス期間終了」で門前払い(怒)


 2004年から使っているキャノンのプリンター PIXUS iP3100 *1、朝一で印刷しようとしたら、

廃インク吸収体がいっぱいになりかけています
と言われた...


 プリンターがフル稼働する時期に‥‥

途中で印刷できなくなっても仕方ないので、部品交換に出すとして‥‥
公民館に置いてあるプリンターを持って帰ろう‥‥
昨日公民館に使用料を払いに行くはずだったので、ついでに払ってこよう。


 iP3100のケーブルを外し車に積み込んで、公民館に行く。

あれっ? 金曜日なのに館長さんの車がないなぁ〜
ん? 事務室のブラインドが‥‥ おかしいなぁ〜 今日は金曜日のはずなのにぃ...


天皇誕生日だったのを忘れてた。
引き返して、デオデオに向かう。



 「お客さんのプリンターは受け付けられません
デオデオで意外な返事が返ってきた。根拠となる印刷物を見せてくれた。
キャノンの「アフターサービス期間終了製品」、確かに、一覧表の中に PIXUS iP3100 が載っている...

  • 店員:キャノンに送っても、送り返されてしまうんです。
  • 自分:これって、故障じゃないでしょ?
  • 店員:そうですが、部品交換になりますので...
  • 自分:予備のインクを2ヶ持っているけど、引き取ってもらえるか?
  • 店員:封を切っていなければ引き取ります。
  • 自分:箱から出してあるが、最終的な封は切っていない。
  • 店員:申し訳ないけど引き取れません。

(クソッ!)予備のインク 2,000円をまるまる捨てることになるじゃん。
プリンターメーカーがインクで設けている理由の一つがわかった。

今日の教訓

*1:購入直前の10月23日に「新潟県中越地震」が発生。本当はセントロニクスインターフェイスがある iP4100が欲しかったのであるが、「いつ入荷するかわからない」と言われた。