筆ぐるめに出てくる『Jアドレス形式』ってどんなファイル?

 「筆ぐるめ」の[住所録]で、[ファイル]メニュー ⇒[別形式保存]をクリックすると、「CSV形式」と「Jアドレス形式」が選択できます。
「Jアドレス形式」って、どんな形式ですか?


 回答
ケータイ・リンクのヘルプアーカスコンピュータ)に載っていました。

 Jアドレス形式とは、「社団法人 日本事務機械工業会」が1996年に、日本語ワープロ機器やパソコンの住所録ソフトのデータを他の同様ソフトで利用できるようにするために策定したデータ形式で、正式名称を「標準住所録データ形式」といいます。
Jアドレス形式をサポートしたソフトにデータを渡す場合に、この形式で保存すると便利です。
 拡張子 .jad
  ‥‥
 各行の先頭の項目は、その行がどういう内容の行であるかを示す識別子です。それぞれ、以下の内容です。

T タイトル行 カンマ区切りファイルのヘッダー行に相当する内容が入ります。
I 識別行 タイトル行の各項目に対応した、Jアドレスで定められた項目識別名が入ります。
JADR バージョン行 ケータイ・リンクでは、この行に特別な意味合いを持たせていません。
D データ行 実際のデータの行です。タイトル行や識別行の項目に対応したデータが並びます。
C コメント行 ケータイ・リンクでは、使用しません。

内容的には CSV形式です。上記サイトに詳しく載っていますので、参照してください。