鉄製溝蓋にさび止めのペンキを塗った

団地内の道路(町道)の側溝は、団地が出来た当初はコンクリート製の蓋がしてあった。400×600 で、1枚30kgある。これを5月の一斉清掃時に開ける訳であるが、高齢化が進んで難しくなっている。
蓋を変えるのは個人負担。で、鉄製の蓋(6t×406×609mm)を12枚購入(鉄工所にお願いして切ってもらった)し、錆止めのペンキも買ってあった...
鉄板も錆びが出だしたし、一斉清掃も間近。で、延ばしていたペンキ塗りを、強風で夕方からは雨の予報の中、朝8時から始めた。18時頃から雨がぱらついたが、油性だし問題ないだろうと塗り終えた。
夜には降り出した。もう乾いているはず。何れは風雨に曝されるのだから...