伯母の葬儀が下松教会であった


葬儀式次第‥‥ が、配られること事態が新鮮? と言っても2回目であるが ‥‥には、次のようにあった。

  • 1914年2月8日 誕生
  • 1938年12月25日 受洗
  • 2010年10月20日 召天

96歳で逝ったことは容易に判る。戦前、ブラジルに渡ったこと、ご主人の葬儀は2003年だったこと、亡くなる前の状況‥‥ すべて牧師さんが説明してくれた。

日本式?の葬式とは違い、参列者に優しいなぁ〜

と感じた。
故人愛誦聖句」の説明をしてくれた。

 いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。
これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。

「喜ぶ」、「祈る」、「感謝する」‥‥ これは誰でも出来ること。
しかし、すべてに いつも、、、 という接頭語が付いている。これはすばらしいこと、誰にでも出来るものではない‥‥ と。
振り返ってみると、何時もニコニコしていた伯母さんだった。前向きに考える伯母さんだった...