プッシュ回線に変えると電話がつながらない。リセットで解決した...

固定電話(fax.兼用)はダイヤル回線(20PPS)だった。(今朝までは)

Q2. プッシュとダイヤルの違いは?

A2. アナログ回線のみにある種別で、電話がかかるまでの速度に差がありますが、音声品質等には一切差はありません。
 プッシュ回線の方が断然速く、ダイヤル回線ですと電話でのチケット予約やパソコンでのサービスを受ける事が出来ませんので、当店では断然プッシュ回線をおすすめします。
ちなみに現在は、アナログ回線の80%はプッシュ回線となっております ‥‥
プッシュとダイヤルの利用料金差がなくなったのでプッシュ回線に変更した。
工事費は税込みで 2,100円だった。
ネットから申し込んだ 後、メールが入った。

  • 工事日: 9月7日(火曜日)AM (工事にはお伺いいたしません)
    • 午後よりプッシュ回線としてご利用いただけます。
      電話機の回線種別の設定をプッシュ回線(トーン)にご変更願います。
  • 回線種別のご変更をお忘れですと着信は可能ですが、発信することができなくなります。

ところが、設定を変えていないのに今日まで問題なくつながっている‥‥
そこで、固定電話の

  • 回線種別をトーンにすると‥‥ 電話がつながらない。(ツー っと言いぱなしでダイヤルしない)
  • 回線種別を自動設定にすると、20PPS になる。

そこで、メールにあった「故障係り」に携帯から電話した。

  • 携帯を掛けたまま、固定電話の通話テストをする。どうも音を聞いているようだった。
  • そのうち、設定をトーンにして、一旦電源を切り、3分後に入れ直してくれ と言われた。
  • 3分後携帯に電話があり、通話テストするが改善されない。
     局の方は、トーンになっているのを確認したと言う。
  • IP電話になっているので、ADSLモデムとIPアダプターがついているが‥‥」と言うと、機種を聞いてきたので、一週間前に調べた情報 を伝えたて電話を切った。
  • 「自動になっているので問題ないはず」「念のため一度電源を入れ直してほしい」「モデムに詳しい問い合わせ先は、0120-***-***」で、電話が切れた。
     どうも、「局」の方では打つ手が無くなったようだ...
  • IPアダプタ・モデムの電源を切り、3分後に再投入!
  • 問題なくつながるようになった 
     固定電話の回線種別も「トーン」になっていた。

編集後記

対応してくれた NTTの話しぶりから推定すると、どうも、局でもリセットしたようだ。
我が家でも、固定電話(fax.兼用)のリセット、モデムのリセットで解決したことになる。