WindowsXP ServicePack2 のサポートが7月14日で終了

TitleWindows XP Service Pack 2のサポートが7月14日で終了 − @IT
http://www.atmarkit.co.jp:80/fwin2k/insiderseye/20100707xpsp2end/xpsp2end01.html

Windows OSのサポート終了日(日本時間)

Windows OS サポート終了日
Windows 2000 2010年7月14日
Windows XP 2014年4月09日
Windows Server 2003(R2を含む) 2015年7月15日
Windows Vista 2017年4月12日
Windows Server 2008(R2を含む) 2018年7月11日
Windows 7 2020年1月15日

いずれもService PackではなくOSそのもののサポート終了日を表している。



サポートが終わる=セキュリティが脆くなる
 つまり7月15日以降、XP SP2搭載PCでは、新たに脆弱性が見つかっても修正されず、そもそもXP SP2にその脆弱性が該当するかどうかすらも告知されなくなる。例えば、7月15日以降に見つかった新たな脆弱性をウイルスが悪用し始めても、XP SP2では根本的にその原因を解消できず、ウイルス対策ソフトウェアによる防御などで回避するほかない。セキュリティ的に極めて弱い状況に追い込まれてしまうのだ。
XP SP3をインストールすればサポート期限は延長される
 XP SP2搭載PCを今後も安全に利用するには、最新のWindows XPService PackであるXP SP3をインストールするのが最も容易な解決方法である。


早速、金曜日からパソコン同好会会員の WindowsXPマシンのSPを調べよう...