『まめ録』とは

まめ録とは、Microsoft Excel シートに付けた名前です。
Excel マクロ(まめ録マクロ.xls)を使って、パソコン中のフォルダ内にあるファイル名を収集し、日付順に並べます。


その後、印刷して一覧表を作る, Excel の検索機能等を使って、目的のファイルを捜し出す‥‥ というものです。

  • ファイル名中に【カテゴリ】を持つことにより、層別できます。
    • ファイル名中にすみつきカッコ(【 】)で括るとカテゴリと判断します。
    • ファイル名中にカテゴリが無い場合、「フォルダ名をカテゴリする」ので、適切なフォルダ名にすると管理が容易です。
  • ファイル名中に日付を持つことにより、時系列に並べます。
    • 例えば、“H220629” または“20100629”を先頭または末尾、またはカテゴリの次に入れます。
    • ファイル名に日付が無い場合は取り込まれません
    • ファイルの作成日時をファイル名に入れることが出来ます。(オプション)
  • まめ録の「リンク」をクリックすると、ファイルを開く(見る)ことができます。
    • 更新可能なファイル(例えば、Word や Excel,メモ帳等)であれば修正も可能です。
  • 「祝祭日」「予定」を入力することにより、カレンダー風に利用できます。
  • Excel リスト形式なので、オートフィルタを使った検索が容易にできます。
    • ファイル名中の日付,カテゴリは、独立した項目として取り込みます。残りが「まめ録」名となります。
  • 条件付書式等を使ってカスタマイズが可能です。
  • まめ録を使いこなすには、Excel の理解以外に、
     R エクスプローラを理解する必要があります。
     R WindowsXPエクスプローラで、「アドレスバーの表示」は必須です。(たぶん)
    「アドレスの理解度」(=パソコンの理解度)が勝敗の分かれ目?になるでしょう...



まめ録マクロ」は、パソコン中のファイル名を収集する Excel のマクロ(VBA)です。
ファイルを作るのは自分です。名前(ファイル名)を付けるのも自分です。
Excel の機能を使って解析(検索)するのも自分です。
収集したデータを生かすか否かはオーナー次第(=エクスプローラを使いこなしているか)です。
「まめ録マクロ」はお手伝いするだけなのです。