コマンドプロンプトのコピー&ペーストを簡単に−右クリック

 コマンドプロンプトを使いやすくするには、[簡易編集モード]の設定を行っておくことが必須だということをご紹介しました。そのネタの中で、[簡易編集モード]を設定しておくと、コピー&ペーストも簡単になるということを示唆しておきましたが、その具体的方法をご紹介しておきます。

 [簡易編集モード]を設定しておくと、マウスの右クリックを2回するだけで、コピーと貼り付けができるようになります‥‥

上記サイトの説明と、自デスクトップ機(WindowsXP SP-3)が一致しなかったが、下記で行えた。

  1. コマンドプロンプトを起動する。
  2. タイトルバー左端の「アプリケーション」アイコンをクリック、
  3. [プロパティ]をクリック、
  4. [オプション]タブの、「簡易編集モード」にチェックを入れ、
  5. [OK]で閉じる。

その後、

  1. コマンドプロンプト上の文字列をドラッグする(選択できる)
  2. 右クリック(場所はどこでもいいようだ)を2回行うと、
  3. カーソルの位置にコピペ出来た。