Norton360/インバウンドNetBIOSって何?

ブログ を読んでくれたのであろう、講座開始前に「私のパソコン使ってください」と言われ、慌てて‥‥
[タスクの設定] > [拡張設定の変更]と進み、表現がチョッと違っていた(バージョンが違うんだぁ〜)が[ファイアウォール保護の設定]に進む。
次の[ネットワークの場所]タブが違う、内容も違う。チョッと触れないなぁ〜 と独り言。

  • [全般の設定]タブの「ファイアーウォール」を15分間 オフ にしたら、私のパソコンが見えた。プリンタも見える。
  • 例えば、オフにしておいて印刷を開始、その間、時間になったらどうなるのだろう?
    切れるの? それとも「時間延長」と聞いてくるの? 希望としては、「この設定を維持しますか?」とかいうダイアログボックスが出ると最高だけど...

兎に角、原因は Norton360 に違いない。ググるググる‥‥

 Norton360をインストールしたところ、ファイルとプリンタの共有やリモートデスクトップ接続が出来なくなってしまったため、チャットによるオンラインサポートで解決方法を教えてもらった。

  1. 「タスクと設定」をクリックする。
  2. 「拡張設定の変更」をクリックする。
  3. ファイアウォール保護の設定」をクリックする。
  4. ファイアウォール一般ルール」タブで、下記をそれぞれクリックし、
    • 「インバウンドNetBIOSのデフォルト遮断」
    • 「インバウンドNetBIOS名のデフォルト遮断」
    • Windowsファイル共有のデフォルト遮断」
  5. 「修正」をクリックし、「許可」にする。
  6. 「ネットワーク上の場所」タブで、ゲートウェア物理アドレスを「信頼」ボックスに移動する。

「インバウンドNetBIOS‥‥」 確かこんな意味不明のメッセージがあった気がする。

インバウンド 【inbound】

 インバウンドとは、外から中へ入り込んでいくこと
通信の世界では、あるシステムやネットワークが外部からデータを受信することを「インバウンドデータ」「インバウンドトラフィック」などという。

 WWWでは、あるページに向かって貼られた外部のページのリンクを「インバウンドリンク」という。

 企業のコールセンターなどでは、顧客からかかってくる電話に応対する業務などを「インバウンド業務」という ‥‥
NetBIOS 読み方:ネットバイオス

 NetBIOSとは、1984年にIBM社によって開発された通信インターフェイスMS-DOS環境から通信を行なうために必要なプログラムがBIOSという基本システムの形式で提供されたことから、MS-DOSの世界では急速に普及し、パソコンLANの基本モデルになっている。IBM社のOS/2Microsoft社のWindowsシリーズでも、NetBEUIと組み合わせて標準的なインターフェースとして利用されている ‥‥
Windowsは、NetBIOSは使っていないと思ったが、Nortonが使っていると言うことか...
NetBEUI 読み方:ネットビューイ

 NetBEUIとは、1985年にIBM社が開発したネットワークプロトコル。NetBIOSをベースに拡張したもので、小規模なネットワークではTCP/IPなどのほかのプロトコルよりも高い性能を発揮できる。ただし、複数の経路の中から最適な経路を選択するルーティング機能は持っていないため、大規模なネットワーク構築には向かない。IBM社のOS/2Microsoft社のWindowsシリーズの標準プロトコルで、NetBEUIを利用したファイル共有サービスやプリントサービスなどが提供されている ‥‥

ルール名 デフォルトの設定 許可される通信/ブロックされる通信の内容
デフォルトインバウンド NetBIOS Name 遮断 NetBIOS を使用したコンピュータ名の解決が遮断されます。
デフォルトインバウンド NetBIOS 遮断 Windows ファイルとプリンタの共有を使用した他のコンピュータからのアクセスが遮断されます。
デフォルトアウトバウンド NetBIOS 許可 Windows ファイルとプリンタの共有を使用した他のコンピュータへのアクセスが許可されます。


どうやら、くにさん の設定でいいようだが、6.項の「ネットワーク上の場所」タブで、ゲートウェア物理アドレスを「信頼」ボックスに移動する。 の意味が不明。