まりふのひと

(施設予約|品目別分類表)
(このヘッダーの原紙は 3月31日の記事

フォントサイズが小さいWebページ、なんとかならないの?

モニターではなく印刷時の話。文字だけを拡大したいのに、IE7 の拡大印刷では画像も拡大されるため目的を果たせない。
きっかけは、武蔵システム > フォント入門 > フォントのインストール方法

WindowsXP の場合は‥‥ 知っているので自分でも作られる。しかし、WindowsVista や Windows7 の場合は手の届くところにパソコンが無いから無理なのだ。田布施町のブロードバンド過疎地に住む人にも教えてあげたいので、文書にしたいのだ。

方法1.HTMLメールを使う

  1. Webページの必要部分をコピーする。
  2. OutlookExpress を起動し、[メールの作成]!
    • 実際には“mailto:”のショートカットアイコンを作成し、一発で起動している。
  3. 書式を HTML 形式に変え、
  4. 貼り付ける。
  5. [名前を付けて保存]する。
    • 事前に「件名」を入力しておくと、「名前」のデフォルトになる。
  6. 保存した emlファイルの拡張子を“mht”に変更する。
    • 実際には batファイル(“ren *.eml *.mht”)で一括変換している。

方法2.紙copi を使う

  1. Webページの必要部分をコピーする。
  2. 紙copi を起動し、
    1. 見出しを入力する。
    2. [加工する]タブ ⇒[変換!]をクリックする。
    3. 貼り付ける。
  3. mht 形式保存される。

上記方法の比較

項目方法1方法2
方法 OutlookExpress を使う紙copi を使う
費用 無料2,625円(ダウンロード)
知識 自分で「拡張子を変更する」必要がある。簡単
ソースの加工 漢字が日本語で表示されないので困難。
中央揃え等は出来る。
コードの変更は可能。
画像 取り込まれる。リンクが張られる。
印刷の品質 −−− 同じ −−−
保存性 特に問題ない。
保存後の変更は出来ない。
インターネット環境が必須。
パソコン上に保存するのであれば、
pdf 化が必要。

結論

  1. 方法2では、印刷して、ファイルは破棄すれば問題ない。
     ファイルを保存しておくのであれば pdf 化する必要がある。
  2. 原作者の意向を尊重する観点から、OutlookExpress 方式(方法1)で問題ない。
    • 拡張子の変更は、batファイル(=アイコンをダブルクリック)で対応可能。
  3. 方法1での懸念は、WindowsVista や Windows7 で使えるかだ。
  4. 何れにしても、エクスプローラの基本操作は必須。