ワード/「改行をしないスペース」(Ctrl + Shift + Spaceキー)とは

Microsoft Office Online の Microsoft Office Word のキーボード ショートカット > Microsoft Office Word のクイック リファレンス の[Microsoft Office Word でよく使う機能]に、次の表が載っていた。

No.目的キー
1改行をしないスペースを挿入します。Ctrl + Shift + Space キー
2改行をしないハイフンを挿入します。Ctrl + マイナス記号 (-) キー
3文字を太字にします。Ctrl + B キー
4文字を斜体にします。Ctrl + I キー
5文字に下線を付けます。Ctrl + U キー
6フォント サイズを 1 つ小さい値にします。Ctrl + Shift + < キー
7フォント サイズを 1 つ大きい値にします。Ctrl + Shift + > キー
8フォント サイズを 1 ポイント小さくします。Ctrl + 始め角かっこ ([) キー
9フォント サイズを 1 ポイント大きくします。Ctrl + 終わり角かっこ (]) キー
10段落または文字の書式を解除します。Ctrl + Space キー
11選択したテキストまたはオブジェクトをコピーします。Ctrl + C キー
12選択したテキストまたはオブジェクトを切り取ります。Ctrl + X キー
13テキストまたはオブジェクトを貼り付けます。Ctrl + V キー
14形式を選択して貼り付けます。Ctrl + Alt + V キー
15書式のみを貼り付けます。Ctrl + Shift + V キー
16直前の操作を元に戻します。Ctrl + Z キー
17直前の操作をやり直します。Ctrl + Y キー
18[文字カウント] ダイアログ ボックスを開きます。Ctrl + Shift + G キー

  • No.1, 2
    • 意味不明、当然、使ったことはない。
  • No.10
    • ctrl+Q は必要ないの? 要確認。
  • No.14, 15
    • 今度、使ってみよう。
  • No.18
    • 使ったことは無いが、必要性は?だ。

改行をしないスペースとは

“改行をしないスペース”でググったら、回答が直ぐ見つかった。

 ワードで原稿を書いているとき、脚注内で「p. 285」と書くと、しばしば「p.| 285」というように「p.」が行末に来て改行されてしまうのが悩みの種でした。
 しかし今日研究室でこの現象を回避するための方法を教えてもらいました。それは「p.」の後に「改行をしないスペース」というものを入れるというものです。入力方法は簡単で「Ctrl+Shift+Space」と入れるだけです。これで「p.」の直後の改行を避けることができます。

Word での改行をしないスペースの作成に関するヘルプを探す方法 には、「改行をしないスペースを表すためにこの記号 (°) が使用されます。」とあった。