Excelの技:表のつづきを用紙の空いた部分に印刷したい!

タイトルExcelの技:表のつづきを用紙の空いた部分に印刷したい!:脱初心者Excelの便利技
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20090330/1013744/

 Excelで表を印刷すると、表の一部がはみ出てしまうことがあります(図1)。はみ出た部分をコピーして空いたスペースに貼り付ける方法もありますが、これでは表を修正するたびにコピーし直さねばなりません。
 こんなとき、ぜひ活用してほしいのが、Excel「カメラ」機能(図2〜図7)。これは、表の一部を指定した場所に抜き出して表示できます。元の表を修正しても、自動的に反映されるので便利です(コラム参照)。
 まずは「カメラ」機能をツールバーに表示する。メニューバーで「表示」→「ツールバー」→「ユーザー設定」とクリック。「ユーザー設定」画面が開くので、「コマンド」をクリック。「分類」欄で「ツール」をクリック。続いて「コマンド」欄で「カメラ」を選び、ツールバーにドラグ・アンド・ドロップ。「閉じる」をクリック。
 残念なことに、標準ではツールバーやメニューから呼び出すことができません。図2、図3の手順で、ツールバーにカメラの形のボタンを表示させれば、常に使えるようになります。

テストしてみたが、2列に並べたら1ページに納まる表にしか使えない。
そこで、“Excel カメラ” でググると意外な数 ヒットした。

  • 離れた場所もしくは別のシートにあるデータを貼り付けられる。
  • データはリンクされているので、元データを修正すれば貼り付け先にも反映される。
  • サイズと位置を自由に変更できる。
  • 貼り付け先のシートのセルとは独立した図なので、シート上にセル幅の違う表を表示できる。

ということで、印刷をする時など レイアウトの自由が利くようだ。