用例の登録とは

見出し用例の登録とは:IME 日本語入力システムの使い方
出所インストラクターのネタ帳
URLhttp://www.relief.jp/itnote/archives/001218.php

 用例の登録とは、同音異義語などでスムーズな変換をさせるために使う機能なわけです。
IMEの学習機能で自動的に記憶される用例もあるようですが、なかなかIMEが学習してくれない用例については、上の方法で無理やり覚えこませましょう。
 ちなみに、[単語/用例の登録]ダイアログは、IMEツールバーから表示させてもいいですし、[Ctrl]+[F10]キーでIMEのショートカットメニューを表示させ[単語/用例登録]を選択しても表示できます。

※ 関連記事

見出し単語登録の方法−ショートカットメニュー:IME 日本語入力システムの使い方
出所インストラクターのネタ帳
URLhttp://www.relief.jp/itnote/archives/000131.php

▼操作手順 : IMEの単語登録を行う

  1. IMEがOnの状態で、登録したい単語を範囲選択する
  2. [Ctrl]キー+[F10]キーを押す
  3. ショートカットメニュー[単語/用例登録]をクリック
  4. [単語/用例の登録]ダイアログ−[語句]に範囲選択しておいた単語が表示されていることを確認
  5. [単語/用例の登録]ダイアログ−[読み]を入力し、[品詞]からを適切なものを選択
  6. [単語/用例の登録]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

見出し単語登録方法−Wordのメニューから:Word ワードの使い方
出所インストラクターのネタ帳
URLhttp://www.relief.jp/itnote/archives/000774.php

 Wordの場合バージョンによって、単語を選択しておくと[Ctrl]+[F10]キーでIMEのショートカットメニューが出せないことがあるようです。Wordではメニューの中に単語登録用コマンドがありますから、メニューから操作([編集]メニュー ⇒[日本語入力辞書への単語登録])することができます。