竹チップくん炭の成分分析をお願いしたが

午前中、「粉砕竹チップから作ったくん炭の成分分析」をお願いしてみようと、田布施農林事務所 に電話した。

  • 「1月にチッパーをお借りしました麻里府ちくゴアの会の○○○です」
    「用件は‥‥で、以前、藤本さんにお世話になったのですが」
  • ‥‥「えッ? あッ!」「今、居りませんので用件を伝え、追って電話させます」

「何か変だなぁ、新任だったのかな?」と感じたが、電話を待つことにした。
その後の電話で、藤本さんは3月末で転勤になり、4月から「安光やすみつさん*1」に変わったのであった。
「午後から出かける」とのことなので、急遽、竹炭とくん炭と、インターネットで見つけた

もみがらくん炭・分析例
を印刷して事務所に行った。

JAの営農塾 でお世話になった農業部の藤本さんも転勤になったとのことで、後任の方と3人で「竹チップ談義」となった。
「竹チップくん炭の分析を森林税で出来ないか」とお願いしたが、分析そのものをやっていないとのことであった。県の機関なので、分析しようとすれば出来るはずであるが‥‥
傷心の思いで帰宅した。

参考)竹炭中の含有元素量


H21.04.23 現在

*1:山口県田布施農林事務所企画振興室 室長