修正プログラムのアンインストール情報を削除してディスクの空き容量を増やす

見出し修正プログラムのアンインストール情報を削除してディスクの空き容量を増やす
出所@IT - アットマーク・アイティ
URLhttp://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1073patchdel/patchdel.html

 アンインストール・フォルダ名は、「$NtUninstallKBXXXXXX$」となっており、KBXXXXXXの部分は修正プログラムのKB番号となっている。そこで、Windowsエクスプローラで、[名前]でソートして「$NtUninstallKBXXXXXX$」を並べて、日付の古いものを削除していけばよい。アンインストール用ファイルを削除してしまうと、修正プログラムのアンインストールは行えなくなるので、あくまでも自己責任において削除してほしい。
 このほか、修正プログラムを適用するとログ・ファイルも作成される。システム・フォルダにある以下のファイルは、適用時に不具合が発生した場合に原因を追究する際には有用だが、正常に適用された場合はほとんど利用価値がないので、更新日が1カ月以上前ならばやはり削除しても問題ない。

  • kb*.log
  • setup*.log
  • setup*.old
  • setuplog.txt
  • winnt32.log
  • set*.tmp

 さらにWindows UpdateMicrosoft Update/自動更新で修正プログラムを適用すると、%SystemRoot%\SoftwareDistribution\downloadフォルダにダウンロード・キャッシュが作成される。このフォルダ内の「0a8c54c5a89f095ea85e86978ead1456」といった英数字の意味が分からないフォルダが、ダウンロード・キャッシュである。このフォルダも、自動更新などですべての修正プログラムが適用済みならば、必要ないものなので、削除してよい。
 以上のフォルダやファイルを削除することで、Windows XP SP2ならば500Mbytes程度のシステム・フォルダのダイエットが実現できるだろう。