Excel のセルの表示形式で[ユーザー定義]に使用できる書式記号について

見出しExcel のセルの表示形式で [ユーザー定義] に使用できる書式記号について
出所マイクロソフト サポート オンライン
URLhttp://support.microsoft.com/kb/883199/ja

 上記サイトから、日付に関連するものを抜粋した。詳細は、上記サイトを参照してください。










  • 書式記号説明
    yy西暦の下2桁を表示します。
    yyyy西暦を4桁で表示します。
    e年を元号の年で表示します。
    ee年を元号の年を2桁の数値で表示します。
    g元号をアルファベットの頭文字(M、T、S、H)で表示します。
    gg元号を漢字の頭文字(明、大、昭、平)で表示します。
    ggg元号を漢字(明治、大正、昭和、平成)で表示します。








  • 書式記号説明
    m月を表示します。
    mm1桁の月には、0をつけて2桁で表示します。
    mmm英語の月の頭文字3文字(Jan〜Dec)を表示します。
    mmmm英語の月(January〜December)を表示します。
    mmmmm英語の月の頭文字(J〜D)で表示します。





  • 書式記号説明
    d日にちを表示します。
    dd1桁の日にちには、0をつけて2桁で表示します。

  • 曜日






    書式記号説明
    ddd英語の曜日の頭文字から3文字(Sun〜Sat)を表示します。
    dddd英語の曜日(Sunday〜Saturday)を表示します。
    aaa漢字で曜日の頭文字(日〜土)を表示します。
    aaaa漢字で曜日(日曜日〜土曜日)を表示します。

  • 時間/分/秒








    書式記号説明
    h時刻(0〜23)を表示します。
    hh1桁の時刻には、0を付けて時刻(00〜23)を表示します。
    m分(0〜59)を表示します。
    mm1桁の分は、0を付けて分(00〜59)を表示します。
    s秒(0〜59)を表示します。
    ss1桁の秒は、0を付けて秒(00〜59)を表示します。

    • 分を表すmとmmは、h、hhの直後、またはs、ssの直前に入力されていないと、分を表す書式記号として認識されません。分を表すmとmmを、これ以外の位置または単独で入力すると、分ではなく月の形式で表示されます。
  • AM/PM(午前/午後)
     AM/PMam/pm 、A/P 、a/p を時刻の書式記号に含めると、時刻は 12 時間表示で表示されます。また、大文字、小文字も入力したとおりに表示されます。





    書式記号説明
    h AM/PM12時間表示で、時刻の後にAMまたはPMを表示します。
    h:mm AM/PM12時間表示で、時間と分の後にAMまたはPMを表示します。
    h:mm:ss A/P12時間表示で、時間と分と秒の後にAまたはPを表示します。

  • 時間の経過





    書式記号説明
    [h]:mm24時間を超える時間の合計を表示します。
    [mm]:ss60分を超える分の合計を表示します。
    [ss]60秒を超える秒の合計を表示します。