Internet Explorer(IE)の[ソースの表示]メニューで起動するエディタを指定する

アットマーク・アイティ 海津智宏 2003/04/26 更新

※ Summary
  • Internet Explorerの[ソースの表示]機能を利用すれば、現在表示中のWebページのHTMLデータをワン・アクションで表示させることができる。
  • この際デフォルトでは、メモ帳(notepad.exe)が起動されるが、文字コードとしてシフトJIS以外が使われているページは正しく表示されない
  • レジストリを変更すれば、メモ帳の代わりに任意のテキスト・エディタが起動されるようにできる。


※ 自分のデスクトップ機のレジストリ