「実は、ゼロデイ攻撃を確認していた」、一太郎の修正パッチ公開

  • 日経パソコン PConline 2008年9月11日
    • ジャストシステムは2008年9月11日、同社のワープロソフト「一太郎」シリーズに見つかった脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティ更新モジュール(アップデートモジュール、修正パッチ)を公開した。同社サイトや同製品のアップデート機能を通じて適用できる。
    • 今回の脆弱性は、ジャストシステムが2008年8月26日に公表したもの。概要を明らかにしていたものの、修正パッチは未公開で「準備中」としていた。それが今回、やっと公開された。
    • また、トレンドマイクロは2008年9月11日、今回の脆弱性を悪用する文書ファイルを、2008年8月22日時点で確認していたことを明らかにした。文書ファイルの名前は、「<日本語の文字列>.jtd」。同社では「無用な混乱を避けるべく」、修正パッチが公開されるまで、情報公開を控えていたという。