ワードによる長形3号デザイン封筒の宛名書き

長形3号(235×120)の刷り込み封筒がある。

宛名を手書きで行っているが、「ワードで印刷出来ないか」の相談を受けた。

ページ設定

  1. [用紙]タブ
    • 用紙サイズ: 長形3号
      • 封筒の大きさを実測したら 幅:120mm,高さ 235mm であった。そこで、「サイズを指定」とし、この値を入力したら、結果として「長形3号」になった。
  2. [余白]タブ
    • 印刷の向き: 横
      • プレビューで横書きになるのを確認する。
    • 余白: 上:20mm,下:70cm,左:30mm,右:30mm
      • 物差しで計って、適当に決めた。
        上余白:入力する住所(の上)までの距離
        下余白:印刷してある下の線までの距離
  3. [文字数と行数]タブ
    • 文字方向: 横書き
    • 文字数と行数の指定: 標準の文字数を使う

宛名の入力

  1. 住所:フォント:任意,フォントサイズ:18pt.
  2. 社名:フォント:任意,フォントサイズ:24pt.
    • 段落前の間隔:2行
    • インデントは適宜行ってください。

上記は試行錯誤した結果で、最初からこうした訳ではない。変更も可能。

印刷結果

  • プリンタに封筒をセットする方法は機種によって異なる。
  • 印刷位置合わせもあるので、封筒の大きさの紙を切りテストプリントすべきである。
  • 私のプリンタ(Canon PIXUS iP3100)では、糊付け方向が下になるので、しっかり折ってセットした。
  • プリンタによっては「印刷する前にプレビューを表示」する機能があるので、一度確認するとよい。

運用上のヒント

  1. 宛先によって封筒を使う量が異なるのであれば、宛名別にこの文書ファイルを作る(1文書1宛先)とよい。1部印刷する時は「ファイル名を右クリック」で出来る。
  2. 毎回全ての宛先を印刷するのであれば、ページを増やす方式(1文書複数宛先)がよい。
  3. 例えば、請求金額管理のためにExcelブックを作っているのであれば、Excelブックに住所を入力ておき、Wordで「差し込み印刷」する方法がある。
  4. SampleData
    • zip形式のサンプルデータをダウンロードできます。参考にしてください。
    • 解凍すると、「長形3号」(Microsoft Word 文書)が出来ます。

不明な点、誤字脱字、その他要望等がありましたら、コメントを付けてください。