Trojan-Downloader_Win32.Tiny.anに感染したノートパソコン

    • 現ウィルスチェッカーは、「ウィルスセキュリティ」
    • 履歴を見ると、8/17 の検査で見つかったようだ。
    • タスクマネージャで見ると、CPU使用率は100%

インターネットを“Win32.Tiny”で検索すると‥‥

とある。回答には、

    • Trojan-Downloaderそのものは、情報漏洩や悪質な広告表示など他の機能を持つマルウェアをパソコン内にダウンロードしてくる役割をするものです。これが今現在も動いているとしたらえらいことですが…
    • とりあえず、感染したファイルを削除し、再度チェックする。
    • これを機会にしてリカバリしてしまったほうが安全です。

と恐ろしいことが載っている。

17:30
  • 感染しているファイルを削除
    • ファイル名は BIT182.tmp/File1.exe になっているが、File1.exe というファイルはなかった。ヒョッとすると、BIT182.tmp は圧縮ファイルかも知れない。
  • 再検査 GO!
    • ウィルスセキュリティで検査
18:40
  • 検査終了。ウィルスは発見されず。
19:45
  • 念のため、カスペルスキーの試用版をダウンロード。
    インストールしようとしたら、「ウィルスセキュリティを削除しろ」の指示。私のパソコンではないし、ウィルスセキュリティのCDもないので、中止!!
  • シマンテックのオンラインウィルススキャンを実施。(ウィルスセキュリティは停止してある)
23:20
  • 15,500件スキャン。まだ感染は発見されていない。
  • 3時間半でこの程度。先が思いやられるので中止。
    明日、avast! をインストールしてみることにする。