一般的な動画ファイル形式

ファイル
形式
特徴や主な動画再生ソフト
AVI Windowsで扱える標準適名動画形式。但し、圧縮企画によって、AVIファイルでも複数の種類が存在しているので注意。通常は殆どの動画再生ソフトで再生可能だが、圧縮規格によっては対応するコーデックのインストールが必要となる。
MPEG 非常にメジャーな動画の圧縮形式のひとつ。MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4 が主流名形式で、それぞれに対応するデコーダを導入すればWMPで再生できる。MPEG-2 はDVDビデオのファイルフォーマットにも採用されている形式だ。
MOV アップルコンピュータが開発した動画の圧縮形式。圧縮率が高いため、ネットの動画配信などで利用されていることが多い。再生するためには、QuickTime Player の導入が必要だ。
WMV マイクロソフトが開発した動画の圧縮形式。高圧縮、高画質をキープできるのがウリ。専用のライセンスキーを発行しないと再生できないようにする「デジタル著作権保護機能」にも対応している
RM 高圧縮率を誇り、ストリーミング再生にも強い動画の圧縮形式。リアルネットワークス社が開発した。最近では、より高圧縮、高画質を実現した RMVR という形式も存在する。再生には RealPlayer が必要。
FLV 動画配信サイト「YouTube」や「GoogleVideo」などで採用されているストリーム専用の動画圧縮形式。Macromedia Flashの技術がベースとなっているため、再生にはFlashPlayerのプラグインをインストールする必要がある。