コンパクトデジカメで蛍が撮れたら幸運?

sinea さんのほたるに触発され、「自分も」と、昨夜、桜川に出かけた‥‥が、コンパクトデジカメでは、「運がよければ撮れる」と実感した。

  • 露出時間は6秒一本でいった。
    • 事前にセットしておいた。これが良いか悪いかは判らない。
    • 場所選びにウロチョロ忙しく、カメラの設定を「変更する余裕がなかった」のが本音。
    • 8秒ぐらいがいいかも‥‥という気もする(根拠レス)
  • ISO 感度は最大の 800 にした。
    • 結果として、F2.8(最大)となった‥‥当然かも。
  • タイムスタンプより、20時から30分間に撮影したことになる。
    • 後から判ったことであるが、sinea さんの写真 は、もっと早い時刻であろうと推測される。
  • sinea さんは、川の中に入った?
    • アングルからすると、川の中? とすると‥‥三脚を川の中に立てたの?
    • 今回は長靴を履いていたが、真っ暗の、入ったこともない川の中に入る勇気はない!
  • 「闇夜のカラス?」を撮影するには...
    • レンズがどこに向いているか? シャッターを半押しし、AF補助光で判断する。
  • 何時シャッターを押す‥‥「蛍よ飛んでくれ」,運を天に任せるしかない。
    • ノイズ除去のため、次の撮影までに時間が掛かる。
  • JTrim に[送る]
    • 回転とトリミングおよびリサイズ。
       「回転」は建物や道路が写っている場合、水平にしたため。辺りが真っ暗なので、写真を撮る方向は見当がつくが、液晶を見ても真っ暗。カメラは三脚の固定しないとブレるし‥‥で、建築物が写っている場合は水平にした。
    • 「手を入れた!」と一目で判らないよう、縦横比は、3:4にした。
  • 蛍の陰影を撮っただけではつまらない?
    • 背景がちょっとでも写っているといないでは違う。
    • でもねぇ‥‥これって難しいよねェ〜〜〜