まりふのひと

(施設予約|品目別分類表)
(このヘッダーの原紙は 3月31日の記事

はじめての野菜作り/ホウレンソウ(昨日の続き)

昨夜布団の中で考えていたら、2時まで眠れなかった。

「ホウレンソウ」か「ほうれんんそう」、それとも「ホウレン草」? いや「ほうれん草」かも‥‥
今夜も眠れないと困るので、検索でヒットした件数を調べた。

  1. Google でインターネットを検索
    • そのままでは件数が多いので、キーワードに“野菜”を付け加えた。(例えば、“野菜 ホウレンソウ”)
    • サラリーマン時代のホウレンソウ(報告・連絡・相談)を思い出してシマッタ!
  2. ブログ「まりふはつ」内の記事を検索
    • 単体,例えば “ホーレンソウ” で検索した。
    • 昨日、および今日の記事は含まない。
  3. 検索結果

キーワードGoogleまりふはつ
ホウレンソウ約 348,0000
ほうれんそう約 423,0000
ホウレン草約 240,0000
ほうれん草約 1,770,0000
ホーレンソウ約 9280
ほーれんそう約 7430
ホーレン草約 22,3001
ほーれん草約 3530

今夜も眠れないかも

ブログを何故書くかというと、「記憶より記録」だからだ。2,30年前の出来事を覚えているのに、「一昨日の晩ご飯のおかずは?」と聞かれると、え〜っと、え〜っと‥‥となる。その点、ブログに書いておけば「検索」という手がある。
ところが、

  • 「ほうれんそう」の “種類” がこんなに多いとは想定外!
  • 自分のブログに “ほうれんそう” が1件しかなかったのも想定外!
  • 記事を書く時、言葉は統一した方が良いのは解っているが‥‥難しい。
  • 「ゆれ検索」*1 で対処できないものであろうか?

あ〜ぁ、日本語は難しい! 今夜も、また眠れないかもしれない‥‥

*1:あるサイトには、次のようにあった。

例えば、「アフィリエイト」「アフィリエート」「アフリエート」「アフリエイト」など、同じ意味をもった語句ですが、表記の仕方は微妙に異なっています。

Yahoo!Googleなど、大手の検索エンジンでは、これらどの単語で検索した場合でも、全て同じ結果にしてくれる機能があります。Yahoo!JAPANでは「表記のゆれ」「日本語スペルチェック」、Googleだと「もしかして」が、その機能です。