畑の水やりと質量が振り出しに

今日も同好会終了後、畑に行った。

  1. 生ゴミを堆肥にするため。
  2. 野菜の水やり。
  3. そら豆の種を蒔いた。いや、「埋めた」の方が正しいか。

最近は蒔いた野菜が増えたので、水も1回に30ℓ必要になった。一輪車にポリタン2っ載せて、坂の上がるものつらい。
17時半も過ぎると、蚊がアフターファイブで繰り出す。で、暗くなり始めた18時過ぎに帰宅。要するに、「今日もジョギングできなかった」と言いたいのだ。
夕食は美味しい新米。取れたからし菜の漬物も美味しくお代わりしてシマッタッ!
入浴前、恐る恐る計量‥‥なんと、スリエットを始める前の体重をオーバー‥‥(無言)
そこで対策を考える前に考えた。「体重」とは、体の重さ。重さとは重量か? それとも質量?
気になったので、インターネットを検索したら‥‥「物理あるいは工学における<重量と質量>の違い」というのがあった。以下は、そこからの抜粋。

【質問】 『私の体重は70kgです。』と言った場合、これは質量なのか、それとも重量なのでしょうか?

  • 【答え1】
     「体重」という言葉は、まさに日常生活で使われる言葉でして、物理学上の定義はありません。ですから、「体の質量」または「体の重量」と言い換えてもらわないと、物理学では答えられない(質問の文章が物理学では理解できない)ということになります。
  • 【答え2】
     そして(物理学ではなく)日常生活での意味を考えてみると、「体重とは、質量でもあるし重量でもある」と答えることができます。なぜならば、日常生活では重力加速度は常にほぼ一定ですから、区別することができません。
  • 【答え3】
     さらにもう1つの答えがあります。(少し話が複雑になるかもしれませんが。)
    上記の質問には、文章としての「落とし穴(注意点)」があります。この質問の文章で「これは質量なのか、それとも...」とありますが、「これ」は何を指しているでしょうか?
     上の2つの答えでは、「これ」=「体重」として答えたわけですが、もしも、「これ」=「70 kg」とすると、違った答えをしなければなりません。「kg」という記号は、質量の単位として定義されています。この定義は、物理学上だけでなく計量法という日本の法律でも規定されています。世界的な約束事(SI単位系)でもあります。ですから、「70 kg」とは質量です(それ以外の意味で使ってはいけないということになっています)。

ところで‥‥今日の私の体重は 730N(ニュートン)‥‥サラリーマン時代を想い出した。