ハゼの実ろうそくまつり


ミニ三脚がどれだけ役立つだろうかと、バイクでハゼの実ろうそくまつりに出かけた。
開始は17時。陽があるうちは、ロウソクに点火されていないだろう‥‥と、会場に着いたのが19時前。ちょうど火をつけだしたところだった。



人手が足らないという話は聞いていたが、かなり細かい演出がなされている。
裏方さんも大変だぁ‥‥ で、裏に回ってみる。
いかだのろうそくも‥‥1っ1っ点火。仕掛け花火のように、「点火!」で、バババーン! とはいかないようだ。正に手作業なのだ。
暗くなりムードも出てきた。こういう舞台で独奏するのも気分がいいだろうなぁ‥‥

わかったこと

「ミニ三脚」はミニ過ぎてあまり役立たなかった。
昔のデジカメのように、液晶が回転できるのであれば、下に立てて、見下ろしてアングルも決められるが、今のデジカメは不可。頭を地面に付けるようにしないとできない。少なくとも三脚の足を伸ばしたら1m ぐらいの高さになるものがほしい。