コンパクトデジカメで打ち上げ花火を撮ってみよう

と思い、まずはデジカメの機能を調べたら‥‥あった。

  • 撮影モードの SCN(スペシャルシーン) 「打ち上げ花火
    • 「打ち上げ花火を最適な露出で鮮やかに撮影できます。」とある。
    • シャッタースピードが遅くなります。手ブレを防ぐために必ず三脚をお使いください」とも。

一体、どの程度のシャッタースピードになるのであろうか? 二階から188号線の信号を撮影し、ViX で撮影条件を見てみた。

これで見る限りでは、シャッタースピードは1.6秒。もっと長く感じたが‥‥
ユーザーガイドをめくっていたら、

  • シャッタースピードが遅くなると、CCDの特性により撮影した画像にノイズが増えますが、1.3秒以上のスローシャッター時に、このノイズ除去する処理を行い、高画質が得られます(ただし、次に撮影までにしばらく時間がかかります)。

とあった。この長く感じたのは、このせいであろう。
シャッターをいつ押すか」がポイントになるであろう。

次に、山口県の花火大会をネットで検索した。

  • 7月22日(土) 上関水軍まつり 4,000発
  • 7月29日(土) 光 花火大会 2,700発
  • 8月05日(土) ひらお十七夜まつり 1,000発
  • 8月13日(日) 金魚ちょうちん祭り 1,500発


ターゲットは8月5日のひらお十七夜だ。昨年、sinea さんが行ったという場所付近を、今度下見しておこう。