特選日帰り旅行 嬉野温泉・大宰府天満宮バス旅行

長男が「母の日トラベルプレゼント」に当たったと「日帰りの旅無料ご招待」を1枚持ってきた。「同伴者も参加できるので一緒に行って来い」という。
三男も「パソコンばっかしてないで、趣味の車に買い換えて、昔みたいにドライブでもしてみたら?」とメールで言っている。
共通点は、「金を出してやるから」とは言っていないことだぁ‥‥


で、同伴者参加で、第1希望21日,第2希望28日で申し込んだ。

    • 「10日前ぐらいには参加証を送る」と言っていたが、10日を過ぎても来ない。
    • 梅雨の真っ最中だから、参加者が少ないのではないか?
    • 28日も無理かなぁ‥‥
    • やったこともないことをするから、こうなるの?

思案していたら、「旅行参加証」が来た。

    • しかし、この天候だから、キャンセルが出て、結局中止になるのでは?
    • そうなったら、どうなるの?

そして今日を迎えた。天候 曇。空、どんより‥‥

  • 06:00 自宅を車で出発
  • 06:35 車を離れた場所に置き*1、徒歩20分で集合場所(柳井駅裏)へ。
  • 07:05 5分遅れで出発(一人を待っていたが、キャンセルとなった)
    00: <途中、パラパラと来る>
  • 08:15 美東SA着
  • 08:30 美東SA発
    00: <途中、ひどい雨!>
  • 10:00 基山SA着
  • 10:20 基山SA発
    00
  • 10:30 鳥栖商工団地着‥‥おしゃれ工房見学 <薄曇で、蒸し暑い。が風があり、室内より日陰の方が気持ち良い>
  • 12:05 鳥栖商工団地発
    00
  • 13:00 嬉野温泉着‥‥昼食・入浴
    • 温泉に入る前に備え付けの体重計に載った‥‥ら。72.8kg と表示された。「こ、この体重計は、壊れているよぉ‥‥」
  • 15:00 嬉野温泉
    00
  • 16:05 大宰府着‥‥参拝
  • 17:05 大宰府
    00
  • 18:10 布刈SA着
  • 18:30 布刈SA発
    00
  • 20:20 柳井駅裏(出発地)着

この種のバス旅行は始めての経験。懸念された雨、移動中にはあったが、バスを降りてからは一度もなかったのは幸いだった。
正直なところ疲れた。「エコノミー症候群か?」と思い、ネットを検索したら、予防策は

    • 水分をとる(アルコール・コーヒーは避ける)
    • 1時間ごとに機内の少し離れたトイレに行く。

だという。そう言えばガイドさんは、

    • 止まるごとに、「出発までにトイレに行っておいてください」と言っていた。
    • 「次のSAまでは停車しません」を強調していた‥‥と、言うことは?

それと、「自由時間が短い」である。写真を撮るにも、構図を考えている時間がないのである。[次へ]、[次へ]は、パソコンソフトのインストールだけでいいョ。
で、今夜はここま。温泉に入ってきたので風呂には入らず、顔を洗って、体重を量って(4,300歩,71.5kg)就寝。



嬉野温泉では時間が少なく、デジカメを出すことも無かった。






大宰府天満宮

折角来たのだから、シンボルマークを。
人物は、赤の他人様。
どうしても題を選んでしまう。
大宰府でなくてもいいのだぁ‥‥
死んだ鯉を亀が‥‥

見たくないものを見てしまった感じ。
学問の神様は何を言いたいのだろうか?
こういう写真が撮れるのも、シーズンオフだから?
もっと長く居たかったが‥‥
なんとも言えない曲線美

というより、どうやって作るのだろうか?
その方が気になる。
布刈SA(18:24)

今日の天気の象徴でもあった。
もたせてもらって「ありがとう」

*1:町保健センターの看護師さんに、「駐車場では車を遠くに置き歩きなさい」と言われている。