電話線のない所でインターネットするには

10日のemkさんのコメントにあったので、どういう方法があるか調べた。

Mフレッツ,フレッツ・スポット

NTTの無線LAN接続サービスに対応したプロバイダは?」に載っていました。

  • どこのプロバイダも試験中のようで、そのために料金も安いようです。
  • 無線の性格上、環境の影響を受けやすいので、速度は期待できないでしょう。
  • 繁華街のようなところを対象にしているでしょうから、住宅地では無理なような気がします。

実際に行うとすれば、

  1. 対応しているプロバイダを調べ、
  2. 実家でそのプロバイダにフレッツADSL契約する。
  3. 外出先(ご子息がいる場所)で、無線で接続する

という形になろうかと思います。

専用電話線を引いてもらう

フレッツADSLの契約形態の中に、「タイプ2」というのがあります。
これはADSL専用の電話回線を引いてもらうもので、電話は使えません。電話を引く工事費も掛かりません(室内工事は除く)。
その代り月額料金が高くなります。最低の契約期間というのは、無いようです。
麻里府公民館にはADSL回線が無いので、実はこの「タイプ2」(モア40)で契約しています。
NTTには毎月4,209円払っています。室内工事費は公民館が出してくれました。環境としては最高ですが、個人で行うにはチョッと高い‥‥です。

携帯でつなぐ

殆どのノートパソコンには、「カード」を差し込む口が2っ付いています。
ここに携帯電話につなぐモデムカードを差し込む方法です。まずは、携帯電話の販売店などで、実現可能か調べるのが先決です。
ウェブサイトの閲覧は、電話代が月額料金固定であればいいでしょうが、そうでないと高いものにつくでしょう。