プリンタを買おうと思ったら新潟中越地震の影響が

 今のプリンタはWindows95が出る(1995年)前に購入したもの。プリントヘッドを一度交換しているが、今も元気。と言っても、紙の吸引によく失敗する。ロールのゴムがへたっているせいであろう。特に年賀状印刷時は、1枚失敗すると50円だからネ。で、いつ買おうか、いつ買おうかと思っていたが、どうしてもCDに印刷をしたいので、デオデオに出かけた。

 メーカーはいままでどおりCanonとし、店員と話した後、PIXUS IP4100Rに決めた。「在庫がない」というので、「いつになる?」「問い合わせてきます」
 :
 :
遅いなぁと思っていたら「見通しがたちません」「2,3週間はかかる」と。
「実は、CanonのLAN関係の部品(IP4100の“R”は、双方向プリントサーバー機能付き)は新潟で製造しており、中越地震のダメージが大きく、生産が遅れている」とのことでガックリ。

 仕方ないので、1ランク下げてPIXUS IP3100とし、USBプリントサーバーも購入。IP4100は、パラレルポートが付いており魅力があったが、2,3週間も掛かるとなると、下手すりゃ年賀状に間に合わないからねぇ。