「仕分ちゃん」をがんじがらめにした「仕分くん」(バッチファイル)を作ってみた

 ドキュメントを仕分ちゃんで仕分けたらどうなるか‥‥ 大胆な挑戦をした Windows8.1パソコンがある。ドキュメント内のフォルダーは残ったものの、ファイルはピクチャーに移動し、結果としてファイルが全部消えた。
「元に戻せばいいじゃん」と言われても、ファイルの更新日付のフォルダーを作って、そこに移されたので、元には戻せない
 ドキュメントフォルダーが消えた訳ではないので、Windowsの動作には影響ない。むしろ「リカバリー」したような状態になったので、Windowsは喜んでいる‥‥ かも知れない。
MAPSでは「仕分ちゃん」「美佳タイプ」をドキュメントにインストールしたので、デスクトップの起動アイコンをクリックしても、当然のことながら動かない...
 「バックアップは採ってあります」というので見せてもらったら、1年前の日付になっていた。
中身を見ても、残念ながら「ドキュメントはバックアップしていないのとほぼ同じ状態」であった。


 仕分ちゃんを教えた側にも責任がある‥‥ との思いから、融通の利かない仕分ちゃん=仕分くんバッチファイルを一週間掛けて作った。

  1. 仕分ちゃんはフリーソフトなので、改修することはできない。そんな知識もない。
  2. そこで、右クリックしたフォルダに“DCIM”が含まれていなかったら止めることにした。
  3. 正常終了したら、ピクチャーフォルダーを開くようにした。
  1. @echo off
  2. set Path="%1"
  3. if not "%Path:DCIM=%" == "%Path%" goto OK
  4. echo あなたが指定したフォルダは「%1」です。
  5. echo フォルダーは「DCIM」である必要があります。処理を中止します。
  6. pause
  7. exit
  8. :OK
  9. 仕分ちゃんがある場所\shiwake.exe %1
  10. %windir%\Explorer.exe /e,仕分先フォルダのパス
  11. Exit
※ 今後の予定
  1. 一週間自宅で検証する。
  2. 次 火曜日までに、当該パソコンに
    1. 仕分ちゃんを D:\Download にダウンロード・インストールする。(ドキュメント以外の場所)
    2. 仕分ちゃんの設定に合わせバッチファイルを修正する。
    3. SendTo フォルダに「仕分くん」を入れ、テストする。

追伸(2015.11.25 1:20)

 寝付けない‥‥ で、起きて、%Path:DCIM=% の意味を調べるためコマンドプロンプトで試行した。

  1. set path="G:\DCIM"
  2. echo %path%
  3. "G:\DCIM"
  4. echo %path:DCIM=%
  5. "G:\"
  6. echo %path:DC=%
  7. "G:\IM"
  8. echo %path:\=%
  9. "G:DCIM"

≪結論≫

  • %path:DCIM=% は、変数pathから "DCIM" を削除する。
  • 従って上記バッチファイルでは、パスのどこかに“DCIM”があれば条件が成立する。
  • 一般的にはこれで良いが、初心者を自負しない初心者には‥‥ 不安が残る...